悪質な渋谷の高級デリヘルを利用しないようにするには情報収集が重要になってきます

エロサイトも映像送信方性風俗関連特殊営業として、風俗営業法の傘の中にあります。営業するためには都道府県の公安委員会に届出を行う必要があります。エロサイトを通じた詐欺も横行していますから、悪質サイトと優良なサイトの見分け方があると実に安心なのですが、悪質サイトでなければ優良ということでもありません。

悪質サイトを見分けるのと同じぐらい、有料サイトと判断するのは難しいでしょう。風俗営業法の規制する業種のものであれば、とりあえず「届出を行なっているのか」というのは、ひとつの判断基準となります。継続してサイトを運営していこうと考えているならば、届出は必ず行っているはずですよね。

まずサイトの登録情報を見てみましょう。それが隠されてあるようならば、アウト!もし書いてあってもサイトの住所と登録情報が一致していないなどが見つかれば、それもアウト!です。また自分が会員登録をする際に、クールダウンできる手順があるかということも重要なポイントです。

登録の意思確認を再度行うような、例えばそのまますんなり登録ではなく、一度メールなどで登録までに再度考える時間や機会を設けているかということです。また会費や料金が必要なサイトであれば、その金額が親切な形で明記されているかです。会員規約、利用者規約の中に、小さな文字でこっそり書いてるだけなんて言うのは、かなり不親切で悪質です。

また明記してあったとしても提供されるサービスとその金額に妥当性があるかも自分で判断しましょう。「高い」と判断しても、それが即悪質だとは限りません。自分にとってどうなのかということと、公序良俗に反しているというのとでは、違いはありますよね。

公序良俗に反するような金額であれば悪質サイトですし、自分にとって高いというなら「自分が求めるサイトではない」というだけの話になります。あとはクチコミなど入念に見てみましょう。悪いクチコミを後ろの順位にしてしまうような技もあるようですから良いクチコミが真実とは限りませんし、悪いクチコミが見つからないというのも問題です。

人はそれぞれですから、両方の意見があるというが順当ですよね。どっちの意見が多いかな?自分が納得出来るかな?という形で判断できるのが一番いいわけです。そして悪い書き込みが見られれば、要注意して内容を見てみましょう。そのような形で判断するしかありません。

「悪徳サイト情報」などは案外参考になります。